Project Name

SOIL SETODA

Timeline

2021

Location

広島県尾道市

Application

ホテル・飲食店

Status

Completed

Detail

旅人と地域をつなぐ、街のリビングルーム

瀬戸田港から徒歩1分の玄関口に開業した、食堂やホテルを併設する「SOIL SETODA(ソイル瀬戸田)」。訪れた全ての人にとっての居場所となる「街のリビングルーム」のような役割として、旅行者と地域住民がインタラクティブに時間や経験を共有し、活発で和やかなコミュニケーションが生まれる空間を目指した。

SOIL SETODAは、江戸時代末期に豪商「三原屋」によって建てられた築140年の蔵をリノベーションした「SOIL SETODA KURA」と、その向かい側に新築された「SOIL SETODA LIVING」によって構成される。

SOIL SETODA LIVINGの1階には、瀬戸田周辺地域のローカルな食を楽しめる薪火料理の食堂がオープン。中央部分は、地域住民や旅行者の休憩の場や学生の勉強場所として、誰もが自由に利用できるフリースペースとした。

2階に位置するゲストルームには心地よい日差しと潮風が入り込み、瀬戸内の凪を眺めながらゆっくりと過ごすことができる。